« ハムカツサンド | トップページ | 大仙市・喜代にてランチ »

準師範研究科1

気がつけば10日ぶりのブログ日中は雪寄せ、子供の送迎に追われ、夜やっとほっとすると、パソコンは子供が占領今日は仕事もお休みで、雪寄せもするほどではない降雪量。うわ~い。

年明けすぐに盛岡パン教室がありました。準師範になってからはじめてのレッスン。「教える」ということに重きをおいたレッスンがいよいよはじまりました。

Dsc_1918 Dsc_1920

新しく始まったファミリーコースという初級のレッスン。JHBSをこれから始めるという方はこのメニューをやっていきますよ~マヨネーズパンとフロランタンというお菓子です。マヨネーズパンは私も10年以上前に習ったパン。一番に習うパンでありながら、非常に生地が美味しく、ご家庭で定番化するに間違いなしです。でも生地の良しあしがストレートにでるパンでもあります。先生のやいたパンは口どけがよく、すっとのどを通って行きます。私のはまだまだ!!講師の認定を受けてある程度自信をつけたはずなのに、まだまだ先生の基準に達していないかとおもうと、パンの道は長く険しいと本当しみじみ思います。

Dsc_1917 Dsc_1916

パン新メニューは「ロザンジェ」。ライ麦の入った生地にべーコン、オリーブ、ゴーダチーズ。こりゃワインでしょあとは「ゴールデンケーキパン」。ブリオッシュのようなリッチなパン。大きく焼いているので、ふんわり感半端なし。蒸したら食べたらふっわふわでした。

Dsc_1919 マフィンも焼きました。ブルーベリーとクリームチーズのマフィン。最強の組み合わせ!

この日は秋田地方、大雪でした。「こんな日に限って・・・」と嘆きたくなった片道2時間半でしたが、得ることもとてもとても多かったです。つまりは私はまだまだと思い知らされたんですが・・・パン道・・・険し。

|

« ハムカツサンド | トップページ | 大仙市・喜代にてランチ »

パンづくり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 準師範研究科1:

« ハムカツサンド | トップページ | 大仙市・喜代にてランチ »