« 大納言ロール | トップページ | ブルーベリーとクリームチーズのパン »

教師研究科20&21

盛岡パン教室でした♪教師研究科のラストレッスンでもあり、他のみなさんに追いつくための怒涛の2レッスンです。

Dsc_1611 Dsc_1609

教師研究科20「パンドセグル」。ライ麦が粉の50パーセントという本格的なパン。ここまでライ麦配合率が高いパンはなかなか日本のパンやさんでは少ないなしょうね。酸っぱくて香りがよくかみごたえがあって・・・こういうのにチーズをのせてワインとともに食べたい!こういうのを美味しく食べてると大人になったなぁと実感できますbleahもうひとつが「エンザイマダス」というスペインのパン。ほんのり甘いパン。

Dsc_1610 Dsc_1613

教師研究科21「パンカマド」。こちらもスペインのパン。こちらもほんのり甘いです。トッピングにメレンゲをのせて焼いてあるのが特徴。イースター前に食べる習慣があるパンだそうです。甘いパンはヨーロッパでは日曜の礼拝のあとやお祭りに食べたりするんですよね。甘いものが貴重で特別なときに食べていたというのはどこの国でも共通ですね。もうひとつが「クランツクーヘン」。名前からするとドイツ系のパンでしょうね。デニッシュのように作り、中にドライフルーツが巻きこんであります。めっちゃカロリーが高そうだけど、そのぶんめちゃめちゃめちゃおいしい!家族で一気にぺロリでした!

はい!教師研究科の全レッスンこれにて終了です。ほんと、先生方ご面倒をおかけして申し訳ありませんでした。そして本当にありがとうございました。次回からは準師範研究科となります♪Lクラスのみなさん、お待たせしましたhappy02

転勤族は習い事ひとつ続けるのも、ほんと一苦労。自分も大変だけれど、家族にも協力してもらわなければ絶対続けてこれなかったし、私を受け入れる教室側も大変。「やりたい!続けたい!これがなければ私でいられない」という強い気持がなければ挫折してしまったと思う。転勤がなければ6年ほどでここまでこれるのに、私は11年かかった(出産もあったので)。でもかえってそのハンデが私のハングリー精神に火をつけたとも言えなくないですが。私の続けたいという気持ちを支えてくれた家族やまわりの人のためにも、これからも私なりに頑張りますrockrockrock

|

« 大納言ロール | トップページ | ブルーベリーとクリームチーズのパン »

パンづくり」カテゴリの記事

コメント

教師研究科のレッスン終了おめでとうございます!
ブログを拝見しながら、いろいろなパンの名前も知ることができました^^
てんびんさんのおうち、楽しそ~う♪

投稿: かあたん | 2012年11月10日 (土) 18時47分

☆かあたんさんへ☆

こんにちわ♪かあたんさん♪
メッセージありがとうございます!!
私の目標はかあたんさんみたいにおうちで教室ひらくことですheart04
パンだけでなく、家庭生活を楽しもう!ってことを
発信できたらいいなぁなんて思っています。

投稿: てんびん | 2012年11月13日 (火) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1141848/47742197

この記事へのトラックバック一覧です: 教師研究科20&21:

« 大納言ロール | トップページ | ブルーベリーとクリームチーズのパン »