« ムース・オ・テ・ベール | トップページ | 木の繊維 »

恋するクロックムッシュ

Dsc08588 去年公開されて、絶対みる!!って息巻いていた映画「恋するベーカリー」。結局公開中には見れず、先日WOWOWでやっとやっとやっと観ました

人気ベーカリーのオーナー、ジェーン。50代後半になって二つの恋に揺れ動きます。ひとつは自宅を改装してくれる寡黙な建築士との恋。もうひとつはなんと元夫と。

50代だからって、おちついた恋?かとおもいきや、よっぱらった勢いだったり、はたまたマリファナでラリったり、ときにはしわをとろうと美容整形を真剣にかんがえたり、子供みたいにはじけているジェーン。キュートです。

なんといっても、この映画は食事のシーンが印象的!!

建築家とのはじめてのディナーには「クロックムッシュとラベンダーアイス」。おしゃべりしながら手際よくクロックムッシュを仕上げるジェーン。それを白ワインを飲みながら見守る建築士。デートというわけではないけど、ふたりでキッチンでお酒をのんだり料理するって、素敵な時間の過ごし方ですね。クロックムッシュをフォークとナイフで、しかも白ワインで、っていうのも、なんだかおしゃれ。ラベンダーアイスもロマンティックな響き。はじめてのディナーで(しかも不意の訪問で)こんなおしゃれなことされたら、男性はイチコロでしょうね。

この建築家とは、深夜のベーカリーに忍び込み、ふたりでこっそりチョコクロワッサンをつくって食べるシーンもあります。このシーンも大好き!!

建築士との恋が静かでロマンチック、そして草食的だとしたら、元夫との恋は本能的で肉食的!!でもその罪悪感ゆえに奔放になってしまうジェーン。そんな元夫のために用意するディナーは「ローストチキンとチョコファッジケーキ」。

それぞれの相手に用意するディナーが、恋のタイプとリンクしているんですよね。

そんなわけで、映画に感化されてクロックムッシュをつくってみました。そのためだけにプルマンブレッドから焼くという気合いの入れようで。このときはお昼ごはんでしたので、ワインではなかったのですが、いつか、クロックムッシュでワイン・・なんてやってみたいですね。

|

« ムース・オ・テ・ベール | トップページ | 木の繊維 »

パンづくり」カテゴリの記事

絵本・本・映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1141848/38420026

この記事へのトラックバック一覧です: 恋するクロックムッシュ:

« ムース・オ・テ・ベール | トップページ | 木の繊維 »