« JHBS教師研究課程その2 | トップページ | 鯉のぼりパイ »

フランスパン奮戦記その1

Dsc07541 フランスパン(バタール)、そろそろ本腰いれてなくては!!

そんなわけで第1段。

焼き色、艶、内相の気泡は、自分のなかでは、合格点。でもやはり、クープに問題!なぜか、クープ3本のうち、1本だけがもりもりと盛り上がり、他の2本は開かない。

Dsc07542 ちなみに内相。気泡は小さめかしら。

でもチャレンジ第1段の割には、まあまあかな。

bread

bread

bread

bread

Dsc07543チャレンジ2段。

(左)クープ3本目だけ開いている。

(右)クープ1本目、2本目だけ開いている。

むむ!なにが悪いのだ!?

パン教室の先生におききしたところ「1本目は開きやすく、3本目は開きにくいもの。3本目のクープを長めにいれてみるべし」とのことでした。がんばんべぇ。こんなできそこないのフランスパンも、明太子マヨをつけて軽くトーストして、おやつにだすと、あっという間に遊びにきているキッズに 消費されるから、作りがいがありますよ

|

« JHBS教師研究課程その2 | トップページ | 鯉のぼりパイ »

パンづくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1141848/34366869

この記事へのトラックバック一覧です: フランスパン奮戦記その1:

« JHBS教師研究課程その2 | トップページ | 鯉のぼりパイ »