« エコクラフトその2 | トップページ | 室蘭へ »

クイックヨーグルト酵母

去年初トライしたクイックヨーグルト酵母、パンにしたときのあのもちもちとした食感が忘れられずに、また酵母おこしをはじめました。

今年はこのクイックヨーグルト酵母からはじめ、いろんなタイプの天然酵母をためしてみたいと企んでいます。

クイックヨーグルト酵母からパンの種になる元だねを起こすには3つの過程をこなさなければならない・・・長き道のり~

【レーズン酵母起こし】

Dsc06431 Dsc06438_3

水とレーズンと少量の砂糖を瓶にいれ、室温においておきました。5日後に表面にぶくぶくと泡がでて、ふたをあけるとワインのようなかおりが出てきました。これでレーズン酵母完成。

【クイックヨーグルト酵母起こし】

Dsc06476 Dsc06503

ヨーグルトと水、レーズン酵母、砂糖を入れて室温においておいて2日後、やはり泡がでてきて、ふたをあけると勢いよくポンという音がして、ガスが発生していることがわかります。これでクイックヨーグルト酵母完成。

【元だね起こし】

Dsc06499 Dsc06500

いよいよ元だね起こし。強力粉とクイックヨーグルト酵母を混ぜて5時間後、もこもこと膨らんんで、元だね完成。これをパンの材料にまぜることによりパンが出来上がります。

ここまでは手間がかかりますが、これ以後は元だねを継ぎ足していくだけなので、簡単♪あすからクイックヨーグルト酵母パンを楽しんでいきたいです♪

この本をみて作っています

|

« エコクラフトその2 | トップページ | 室蘭へ »

パンづくり」カテゴリの記事

コメント

(;;;´Д`)ゝ図書館でこの酵母の本読んで
いつかやってみたいな~と企んでいます。
まだまだ勉強というか基礎が分かっていないので・・。
てんびんさんは手ごねですか?HBですか?
どの時間帯に作るんでしょうか・・。
私は焼きたてを昼に食べたいけど、朝こねるパワーもなく…。
結局午後作り出して夕方パックっと間食して、止まらなくなり、夕ご飯腹減らず・・・、と
悪循環です。

投稿: かまかま | 2009年7月16日 (木) 17時19分

☆かまかまさんへ☆

私はイーストパンに関しては基本的に、ニーダー(コネ器)でこねています。
HBとはちがい、コネと一次発酵までのみしてくれるものです。
時間帯は夜、夕飯後にこねはじめ、11時ごろやきあがりという感じです。

ところが・・・・天然酵母の場合、このタイムスケジュールは組めないので、
夕方コネ始め、夜11時ごろやきあげています。
週末は、夜こねて→ねている間に発酵→朝6時ぐらいにおきて成形などをして、9時ごろやきあげをめざすということもあります。
これは天然酵母ならではのスケジュールで、朝焼きたてを無理をすることなく食べられるので、うれしいです。
ちなみに、天然酵母のときだけは、手でこねています。
天然酵母たのしいですよ♪イーストより時間管理がいい加減でよいので忙しい人ほど、むいているかもしれません。

うんうん、焼き立てを食べられるのは作った人の特権!たべすぎちゃいますよね、わかりますhappy02

投稿: てんびん | 2009年7月18日 (土) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1141848/30568127

この記事へのトラックバック一覧です: クイックヨーグルト酵母:

« エコクラフトその2 | トップページ | 室蘭へ »